浅草寺

浅草寺(せんそうじ)とは、東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。

提灯

提灯(ちょうちん)は、伸縮自在な構造で細い割竹等でできた枠に紙を貼り底に蝋燭を立てて光源とするもの。ろうそくではなく電気による光源のものもある。内部に明かりを灯し、紙などの風防を通して周囲を照らす。「提」は手にさげるという意味で、携行できる灯りを意味する。いわば昔の懐中電灯で、中に蝋燭を点して持ち歩いたが、現在では祭礼の際を除くと、日常の場でこのように使われることはほとんどない。近年は、竹ひごや紙の代わりにプラスチックのシートを使い、蝋燭の代わりに電球を使って、主に祭りなどのイベントや看板として使用されることが多い。インテリアや土産物などとしても販売されている。

浅草寺 提灯『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より
2020/10/09 0:00 UTC

近くのホテル

夫婦で40年夫婦善哉風に経営してきました。3丁目の夕日の映画のようなレトロな和室です。   
住所  :
東京都台東区浅草2-35-8
アクセス:
東武・地下鉄「浅草駅」より徒歩10分。
住所  :
東京都台東区浅草2-35-8
アクセス:
東武・地下鉄「浅草駅」より徒歩10分。
浅草に国内最大規模の新築ホステルが誕生!世界中から旅人が集まる国際的な宿で、一味違った東京体験を。
最安料金:¥2,150〜
住所  :
東京都台東区浅草2-24-2
アクセス:
東京メトロ/都営地下鉄「浅草駅」より徒歩11分、つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩4分
住所  :
東京都台東区浅草2-24-2
アクセス:
東京メトロ/都営地下鉄「浅草駅」より徒歩11分、つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩4分