橋杭岩

橋杭岩(はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができる。吉野熊野国立公園に属しており、国の名勝や国の天然記念物の指定も受け観光名所となっている。また橋杭岩を通して見る朝日はとても美しいと評判で日本の朝日百選の認定も受けている。

橋杭岩 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より
2020/10/09 0:00 UTC

近くのホテル

名勝橋杭岩にいちばん近い宿。海のレジャー、ツーリング、写真撮影などのお客様に好評です。
住所  :
和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1548-1
アクセス:
串本駅よりお車にて5分
住所  :
和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1548-1
アクセス:
串本駅よりお車にて5分
フェアフィールド・バイ・マリオットを拠点に地域の魅力を体感しながら自由にニッポンを渡り歩く
最安料金:¥4,356〜
住所  :
和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川字牛越1579番1
アクセス:
JR串本駅から車で約7分
住所  :
和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川字牛越1579番1
アクセス:
JR串本駅から車で約7分