三つ子の合掌造り(白川郷)

Koichi_Hayakawa
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (表示4.0 国際)

白川郷

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称である。大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。今日では白川村のみを指すことが多い。白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られる。独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」などがその保存にあたっている。毎年2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。

合掌造り

合掌造り(がっしょうづくり)は、日本の住宅建築様式の一つである。急勾配の屋根を持つことがしばしばであるが、現存する合掌造りの屋根は45度から60度まで、傾きにかなりの幅がある。合掌造りの定義自体が一様ではないが、日本政府が白川郷と五箇山の集落をユネスコの世界遺産に推薦した時には、「小屋内を積極的に利用するために、叉首構造の切妻造り屋根とした茅葺きの家屋」と定義づけた。名称の由来は、掌を合わせたように三角形に組む丸太組みを「合掌」と呼ぶことから来たと推測されている。同じ白川郷(荘白川)でも、高山市の旧荘川村地域に残る合掌造りは、入母屋屋根になっている。

白川郷 合掌造り『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より
2020/10/09 0:00 UTC

近くのホテル

世界文化遺産 白川郷荻町合掌集落内に所在する世界文化遺産唯一の宿泊設備を伴った温泉施設。
住所  :
岐阜県大野郡白川村荻町337
アクセス:
JR高山駅から濃飛バス利用、もしくはJR高岡駅から加越能バス利用 「白川郷」停より徒歩1分。 
住所  :
岐阜県大野郡白川村荻町337
アクセス:
JR高山駅から濃飛バス利用、もしくはJR高岡駅から加越能バス利用 「白川郷」停より徒歩1分。 
庄川沿いに建つ合掌造りの宿です。せせらぎを聞きながら囲炉裏を囲んで郷土料理を楽しんでいただきます。
最安料金:¥21,000〜
住所  :
岐阜県大野郡白川村荻町360
アクセス:
JR高山本線・高山駅/JR北陸本線・高岡駅/東海北陸道・白川郷IC/東海北陸道・荘川IC
住所  :
岐阜県大野郡白川村荻町360
アクセス:
JR高山本線・高山駅/JR北陸本線・高岡駅/東海北陸道・白川郷IC/東海北陸道・荘川IC